老人ホームとは

老人ホームとは、高齢者向けの住宅施設全般を広くあらわす言葉です。

高齢者用の住居施設には、様々な種類がありますが一般的に老人ホームという表現を用いるときは有料老人ホームのことをいいます。

有料老人ホームの定義
老人福祉法第29条(抜粋)で次のように定められています。

老人を入居させ、入浴、排せつ若しくは食事の介護、食事の提供又はその他の日常生活上必要な便宜であって厚生労働省令で定めるもの(介護等)の供与(他に委託して供与をする場合及び将来において供与をすることを約する場合を含む)をする事業を行う施設であって、老人福祉施設、認知症対応型老人共同生活援助事業を行う住居その他厚生労働省令で定める施設でないものをいう。

有料老人ホームは、民間の企業や事業者が数多く参入し高齢化社会に役立っており、サービスの内容によって、以下のように大きく三つに分類されます。

・住宅型有料老人ホーム
・介護付有料老人ホーム
・健康型有料老人ホーム


有料老人ホームは、一般的に高額な入居一時金が必要ですが、最近では入居一時金が低額なものや賃貸形式など、社会情勢や入居者のニーズに合わせて様々な形態があります。

有料老人ホームのタイプ   有料老人ホームの契約・権利形態

 

有料老人ホームのタイプ

有料老人ホームとは
老人福祉法第29条(抜粋)で次のように定められています。

老人を入居させ、入浴、排せつ若しくは食事の介護、食事の提供又はその他の日常生活上必要な便宜であって厚生労働省令で定めるもの(介護等)の供与(他に委託して供与をする場合及び将来において供与をすることを約する場合を含む)をする事業を行う施設であって、老人福祉施設、認知症対応型老人共同生活援助事業を行う住居その他厚生労働省令で定める施設でないものをいう。

有料老人ホームのタイプには、大きく分けて「介護付」「住宅型」「健康型」3種類があります。

1.介護付
介護保険で定められた基準を満たし「特定施設入所者生活介護」の指定を受けた有料老人ホームです。介護や食事などのサービスを受けることができます。入居後に介護が必要になった場合も、そのホームで生活し続けることができます。

2.住宅型
食事などのサービスを受けることができる有料老人ホームです。介護が必要になった場合は、外部の介護サービスを受けてホームで生活を続けることができます。訪問介護サービスや入浴サービスなど、個人の状況に合わせたサービスを受けることができますが、ホームにかかる費用とは別途に、介護サービスの費用が必要になります。

3.健康型
食事のサービスやレクリエーションなどの健康ケアサービスを受けることができる有料老人ホームです。介護サービスは受けられないので、要介護になった場合は、退去の必要があったり、介護付有料ホームに移る必要があります。


有料老人ホームは、2つのサービスを提供する、民間事業者が経営する高齢者向けの住居です。

1.住むための居住機能
2.食事・健康管理・生活支援・介護など

施設に入居すると、生活全般のサービスを受けることができます。


有料老人ホームの契約・権利形態     特別養護老人ホーム
 
 

有料老人ホームの契約・権利形態

有料老人ホームとは
老人福祉法第29条(抜粋)で次のように定められています。

老人を入居させ、入浴、排せつ若しくは食事の介護、食事の提供又はその他の日常生活上必要な便宜であって厚生労働省令で定めるもの(介護等)の供与(他に委託して供与をする場合及び将来において供与をすることを約する場合を含む)をする事業を行う施設であって、老人福祉施設、認知症対応型老人共同生活援助事業を行う住居その他厚生労働省令で定める施設でないものをいう。

有料老人ホームの契約・権利形態には、
大きく分けて「賃貸」「終身賃貸」「利用権」3つの種類があります。

1.賃貸方式
有料老人ホームの入居契約で、一般的な賃貸住宅と同じように、ホームで生活するための家賃を毎月支払う方式です。賃貸方式では、住居部分と介護などのサービス部分の契約が別々になります。入居者が死亡しても契約は終了しないという特徴があります。

2.終身賃貸方式
有料老人ホームの入居契約で、入居者の死亡をもって契約が終了する契約形態です。終身賃貸方式の場合、ホームの運営事業者は「高齢者の居住の安定確保に関する法律」の規定に基づいた、終身建物賃貸借事業の認可を都道府県知事から受けている必要があります。

3.利用権方式
有料老人ホームの入居時に一時金を支払う事で、居住する権利や生活支援などの各種サービスを利用する権利を得て、施設を利用します。


有料老人ホームは、2つのサービスを提供する、民間事業者が経営する高齢者向けの住居です。

1.住むための居住機能
2.食事・健康管理・生活支援・介護など

施設に入居すると、生活全般のサービスを受けることができます。


有料老人ホームのタイプ     特別養護老人ホーム
 
 

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホーム(特養)とは、身体上、または精神上、著しい障害があり、介護保険制度で介護の必要がある「要介護」の判定が出た人が利用可能な、長期入所型の老人福祉法上の施設の中の一つです。

特別養護老人ホームで都道府県知事の指定を受けた施設は、指定介護老人福祉施設となりますが、一般的には、特別養護老人ホームと指定介護老人福祉施設は、同じものとしてみられています。

また、介護保険制度の施行により、介護保険法上の名称は、介護老人福祉施設です。

特別養護老人ホームの入所に掛かる経費は介護保険による介護福祉施設サービス費の利用者負担分のほか、食費・居住費などの自己負担があります。

居住費については施設がユニットケアの導入をしているか否か、また入所者の居住スペースが個室であるか多床室(相部屋)であるかによって違ってきます。

特別養護老人ホームは、2009年5月現在で約590ヶ所ありますが、入居時の高額な入所金がかからないことや、月々の費用負担が約8万円台〜15万円台くらいということで人気があります。

入居可能な所得層は低所得者に限らないため、入所率は非常に高く需要があり、入所までの待機期間が2〜3年となっている特別養護老人ホームが多くあります。
高齢者住宅・高齢者用施設の知識TOPページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。