適合高齢者専用賃貸住宅とは

適合高齢者専用賃貸住宅とは、ある一定の条件を満たした賃貸住宅をいいます。

高齢者専用賃貸住宅は、一定の条件を満たす事で有料老人ホームの届け出が不要となり、特定施設入居者生活介護の指定を受けられる対象となります。

適合高齢者専用賃貸住宅の条件

・各戸の床面積が25u以上。
(居間、食堂、台所その他、高齢者が共同して利用するために十分な面積を有する共用設備がある場合は18u以上)

・原則として各戸に台所、水洗便所、収納設備、洗面設備、浴室がある。
(共用部分に共同で利用するための適切な台所、収納設備又は浴室を備えた場合は、各戸が水洗便所と洗面設備を備えていれば可)

・前払家賃を受領する場合は、保全措置を講じる。 

・入浴、排泄もしくは食事の介護、食事の提供、洗濯、掃除等の家事または健康管理を実施。

適合高齢者専用賃貸住宅は、有料老人ホームの届け出が不要であり、有料老人ホームの指導指針の対象外となります。

特定施設入居者生活介護の指定を受けなくても、利用者の選択で外部の介護サービスを利用するなどで、安心な生活ができることから注目を集めています。

 
高齢者住宅・高齢者用施設の知識TOPページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。