高齢者に適した住宅プラン

高齢者の住宅内での事故が意外と多いことをご存知でしょうか。
厚生省のデータによると、家庭内の事故で亡くなられた方の70%以上が65歳以上のお年寄りです。

これらの事故を減らすためには住宅の各所を、高齢者に配慮したつくりにすることが必要になります。

お年寄りに優しい住宅の条件は、以下を参考にしてください。


高齢者用住宅の玄関
・自動点滅(人感センサー)機能付の玄関灯
・玄関ドアよりも引き戸。
 ドアの場合はノブがレバーなどの扱いやすいもの。
・段差を減らし、手すりの設置。
・腰掛や椅子の設置。
・玄関のたたきは、滑りにくい材料や、すべり止め加工を施す。
・車椅子用スロープの設置。

高齢者に適した住宅の廊下と階段
・階段はゆるやかな勾配で広く。
・手すりを付けて踊り場を設ける。
・すべり止めと足元灯を付ける。
・長い廊下には手摺を付ける。

高齢者に適した居室
・床暖房の設置。
・廊下との段差をなくす。
・ミニキッチンの設置。

高齢者に適したトイレ
・廊下との段差をなくす。
・引き戸が理想、ドアの場合は外開き。
・足元温風や手摺の設置。
・洋式トイレ。
・居室から近いほうが便利。

高齢者に適したキッチン
・椅子に座って作業ができるキッチン。
・手元を照らす照明。
・シングルレバー水栓。

高齢者に適した浴室
・滑りにくい材質。
・出入り口は引き戸。
・手摺や腰掛の設置。
・浴室暖房の設置。


 
高齢者住宅・高齢者用施設の知識TOPページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。